今の青汁は美味しい!?青汁の人気ランキング

昔は「不味い」イメージが強かった青汁。
でも今は、「美味しい」ものも増えています。
美味しいからこそ、若い方から年配の方まで幅広い年齢層の男女に人気があります。
青汁の種類は豊富ですが、その中でも「飲みやすさ、美味しさ、続けやすさ」から数種類の青汁を厳選しました。

 

 

 

 

 

 

 

美味しい青汁と不味い青汁の見分け方

 

まずはじめに、青汁の見分け方を教えます。
意外と知られていませんが、不味い青汁の主成分は「ケール」です。
青汁といえば、『まずい!もう一杯!』というキャッチコピーが流行した「キューサイのはちみつ青汁」を思い出しませんか?
これも、ケールが多いために、青汁の青臭さが出てしまっています。
ハチミツを加えて改良されているのですが、ケール独特の風味は消えていません。
青汁の青臭さが苦手なら、主成分を要チェック!
というか、必ず確認してみてください。
青汁は毎日続けることで健康を支えてくれる健康補助食品(飲み物)です。
続けるためには、美味しさも重要ではないですか?
不味いものは、一度きりで止めてしまうものです。

 

ですから、これから青汁生活をはじめる方は、美味しさを重視してみてください。
当サイトでは、美味しい青汁を厳選しています。
たとえば、『神仙桑抹茶ゴールド』は美味しさで人気の青汁です。青汁さがほとんどなく、抹茶のように美味しいそうです。クチコミでは、「お茶みたい」という感想も多々ありました。
それ以外にも、美味しい青汁はあります。
美味しさを重視して青汁を厳選しているので、味重視の方は当サイトの情報を参考にして頂いたら幸いです。

ケールとは

ケールとは、ごく一般的な青汁の主原料です。
おもしろい異名があり、「野菜の王様」と呼ばれています。とにかく、栄養価の高い野菜で、ビタミン群やミネラルなど、健康に欠かせない栄養素が豊富。どの野菜にも勝っており、含有量の多さは群を抜いています。

 

しかし、ケールはスーパーなどで見かける食材ではありません。
なぜなら、味がおいしいものではないからです。
独特のニオイと味を持っている野菜なので、一般的に料理に使われることはありません。

 

青汁の中で、一番有名と言っても過言ではない「キューサイの青汁」も、ケールが主原料です。
あれです、「まずい!もう一杯!」のセリフでおなじみの青汁です。

 

まずいのは、ケールが主成分だったからかも?

 

青汁は敬遠する方も多いのですが、それは味だけが問題ならケール以外の主原料のものを選ぶと、青汁生活がはじめられます。
現在では、青汁の種類も豊富で、サプリで鉄分補給、中にはマンゴー味やベリー系の味など、フルーティで青汁とは思えない美味しい青汁もあります。

 

しかし、ケールは野菜の王様ですから、味を重視すると栄養価がほんの少し劣ってしまいます。ここが難点ですね。

大麦若葉とは

最近新発売されている青汁は、ケールよりも大麦若葉を使用していることが多いかもしれません。

 

ケールは栄養価が高いメリットがありながら、クセが強すぎるデメリットがありました。
対して、大麦若葉はケールに比べるとクセが強くありません。
その割に、栄養価も高め。
β-カロテンやビタミン、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど必須系の栄養素が豊富に含まれています。
これらの栄養素は食事などから摂る必要がありますが、大麦若葉の青汁なら簡単に摂れる、というところが特徴です。

 

近年の日本の食事は欧米化しています。
肉料理が中心の生活を送っていませんか?
また、忙しいなどの理由により、野菜不足も目立っています。
野菜不足になると、体調を崩しやすくなり、肌も荒れやすく変わってしまいます。女性はとくに、野菜生活を心がけたいところです。
とは言っても、そうやすやすと生活を変えられるわけではありませんね。
そんなときに、大麦若葉の青汁がおすすめです。
青汁を敬遠する女性でも、ケールよりは飲みやすいので毎日の習慣にできるかも。
大麦若葉の青汁を習慣にすることで、健康や美容を内側からサポートできます。

明日葉とは

大麦若葉と並び、明日葉という野菜も青汁に使われています。
これも、ケールのような不味い青汁を避け、おいしい青汁を作るために使われる原料です。

 

明日葉は、β-カロテン、ビタミン、ミネラルなど、大麦若葉と同じような栄養素を持っています。
明日葉ならではの栄養素で言うと、「カルコン」という成分が挙げられます。
これはポリフェノールの一種で、抗菌作用が非常に優れています。
ポリフェノールといえば、「若々しさの必須成分」ですね。
そう、カルコンによる若々しさサポート力に期待できます。
ですから、明日葉の青汁は若々しい体の維持を目指したい方におすすめです。
また、胃にやさしいのでストレス社会で生き抜く現代人にもぴったり。

 

大麦若葉と同様に、ケールのような強いクセはありません。
若い女性でも、明日葉の青汁なら飲めるかも。